CONCEPT


10年後、あなたの組織はどうなっていますか?

 

コンサルタントとしてこれまでにあらゆる分野の

企業・団体、延べ500社に関わってきました。

お会いするのは採用担当者だったり、

経営者だったり、

入社して間がない新入社員だったり。

その中には、抜群の知名度と安定性を持った組織に

所属しているにも関わらず、

「会社や自分の将来に夢や希望が持てない」と嘆く

若手社員がいました。

 

また、「人材育成に力を注げるのは経営的余裕がある時だけ」と、

とぎれとぎれの育成を単発的に実施する経営者もいました。

 

その一方で、自分たちの仕事に誇りを持って部品一つ一つを丁寧に作り上げ、

その確かな技術を後輩に伝承する匠もいました。

 

学生にとって不人気業種である従業員20人以下の会社が、自社の魅力を活かした

採用プランとフォロー体制を整え、幹部候補となる新卒の採用に成功したケースもありました。

 

一体何が違うのでしょうか?

 

大きな違いは「10年後を見る力」です。

 

どんなに忙しくても、目先のことだけで精一杯の状況でも、

今の仕事の先に何があるかを考えて働いているかどうか。

自分の仕事が最終的には誰かに喜んでもらえたり、

何かの役に立っていることを想像できるかどうか。

それを従業員が自ら考えられるように、組織として「育成」しているかどうか。

そして、今の組織に満足することなく、10年後の社員とその家族を幸せにするために、

今、どんな取り組みをしたらいいかを考えているかどうか。

 

そうした「先を見る力」が、1年後、10年後には大きな「企業力」の差となってきます。

 

10年後の奈良をつくる組織の仕組みを作るために。

10年後の組織と仕事を自ら創り出す人を育てるために。

 

「ならキャリア.net」はポータルサイトとして、「人とキャリア」に関する

さまざまな情報を発信していきます。