新型コロナウィルス対策:休業の場合の心がけ

2020-04-18

事業の休止などを余儀なくされ、やむを得ず休業とする場合、
どのようなことに心がければいいのか

新型コロナウイルス感染症により、事業の休止などを余儀なくされた場合。
労働者を休業させるときは、労使がよく話し合って労働者の不利益を回避するように
努力することが大切です。

 

労働基準法第26条では、使用者の責に帰すべき事由による休業の場合には、
使用者は、休業期間中の休業手当(平均賃金の100分の60以上)を支払わなければなりません。

ただし、不可抗力による休業の場合は、使用者に休業手当の支払義務はありません。

カテゴリー : NEWS, 法律関係
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・「キャリア形成助成金」が「人材開発支援助成金」に変更しました!

これまでの「キャリア形成助成金」が新しく「人材開発支援助成金」に変更になりました...

・新型コロナウィルス対策:労働者を休ませる場合②

労働者が新型コロナウイルスに感染したため休業させる場合、 休業手当はどのように...

・専門実践教育訓練 〜教育訓練給付制度の指定講座〜

従業員のスキルアップと定着支援、雇用の安定を目的とした教育訓練受講に支払った ...

・10月28日(月)奈良県広陵町セミナー参加者募集!

10月28日(月)奈良県広陵町 「働きやすい職場作りのための一般事業主行動...

・新型コロナウィルス対策:感染が疑われる労働者を休業させる場合

新型コロナウイルスへの感染が疑われる労働者について 休業手当の支払は必要か ...