新型コロナウィルス対策:自主的に休んだ場合の休業手当

2020-04-18

労働者が発熱などの症状があるため自主的に休んだ場合、
休業手当の支払は必要か

 

 

 

 

 

 

 

会社を休むよう呼びかけをしているが、新型コロナウイルスかどうか分からない時点で
発熱などの症状があるため労働者が自主的に休む場合は、
通常の病欠と同様に取り扱います。

一方、発熱があることのみをもって一律に労働者に休むように措置をとる場合。
使用者の自主的な判断で休業させる場合は、一般的には
「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当てはまり、休業手当を支払う必要があります。

 

カテゴリー : NEWS, 法律関係
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・働き方改革②株式会社M.T.C様 3年間離職者ゼロ!若手が定着する社風とは

「アイディアを出し合える風土は人間関係のよさがあるから」 若年者が定着し、...

・「新しいサービスの開発に取り組みたい」を実現するチャンス! 商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)

新連携支援事業は、中小企業者が産学官で連携し、また異業種分野の事業者との...

・新型コロナウィルス対策:労働者を休ませる場合②

労働者が新型コロナウイルスに感染したため休業させる場合、 休業手当はどのように...

・「介護支援プラン」のススメ

介護離職者は年間10万人以上、介護離職する層は40〜50代が多く、企業に...

・新型コロナウィルス対策:労働者を休ませる場合①

新型コロナウイルスに関連して労働者を休業させる場合、 どのようなことに気をつけ...