新型コロナウィルス対策:自主的に休んだ場合の休業手当

2020-04-18

労働者が発熱などの症状があるため自主的に休んだ場合、
休業手当の支払は必要か

 

 

 

 

 

 

 

会社を休むよう呼びかけをしているが、新型コロナウイルスかどうか分からない時点で
発熱などの症状があるため労働者が自主的に休む場合は、
通常の病欠と同様に取り扱います。

一方、発熱があることのみをもって一律に労働者に休むように措置をとる場合。
使用者の自主的な判断で休業させる場合は、一般的には
「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当てはまり、休業手当を支払う必要があります。

 

カテゴリー : NEWS, 法律関係
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・評価制度作成に関する助成金活用法

今年度から「キャリア形成促進助成金」が「人材開発支援助成金」に変わり、それにとも...

・「働きやすさ重視」で若者の雇用を促進〜若者雇用促進法の指針見直し〜

就職環境の売り手市場となっている昨今ですが、今後控えている人口減少社会を見据え、...

・新型コロナウィルス対策:休業の場合の心がけ

事業の休止などを余儀なくされ、やむを得ず休業とする場合、 どのようなことに心が...

・平成30年度補助金、まもなくスタート①

今行われている通常国会で決定される補助金ですが、 事務局の募集が出...

・新型コロナウィルス対策:労働者を休ませる場合②

労働者が新型コロナウイルスに感染したため休業させる場合、 休業手当はどのように...