新型コロナウィルス対策:感染が疑われる労働者を休業させる場合

2020-04-18

新型コロナウイルスへの感染が疑われる労働者について
休業手当の支払は必要か

 

 

 

 

 

 

「帰国者・接触者相談センター」でのご相談の結果を踏まえても、
職務の継続が可能である労働者について、使用者の自主的判断で休業させる場合には
一般的に
「使用者の責に帰すべき事由による休業」に当てはまり、休業手当を支払う必要があります。

 

カテゴリー : NEWS, 法律関係
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・平成30年度補助金、まもなくスタート①

今行われている通常国会で決定される補助金ですが、 事務局の募集が出...

・新型コロナウィルス対策:自主的に休んだ場合の休業手当

労働者が発熱などの症状があるため自主的に休んだ場合、 休業手当の支払は必要か ...

・「新しいサービスの開発に取り組みたい」を実現するチャンス! 商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)

新連携支援事業は、中小企業者が産学官で連携し、また異業種分野の事業者との...

・平成30年度補助金、まもなくスタート④

4つ目は「事業承継補助金 」。   事業承継に伴う新規事業...

・改正育児・介護休業法の活用は進んでいますか?

平成29年10月1日から改正された育児・介護休業法。ここであらためて3つの改正内...