新型コロナウィルス対策:労働者を休ませる場合②

2020-04-18

労働者が新型コロナウイルスに感染したため休業させる場合、
休業手当はどのようにすべきか

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルスに感染しており、都道府県知事が行う就業制限により
労働者が休業する場合は、一般的には「使用者の責に帰すべき事由による休業」に
該当しないと考えられるので、休業手当を支払う必要はありません。

なお、被用者保険に加入されている労働者であれば、要件を満たせば、
各保険者から傷病手当金が支給されます。

 

具体的には、療養のために労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から、
直近12カ月の平均の標準報酬日額の3分の2について、傷病手当金により補償されます。

カテゴリー : NEWS, 法律関係
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・「働きやすさ重視」で若者の雇用を促進〜若者雇用促進法の指針見直し〜

就職環境の売り手市場となっている昨今ですが、今後控えている人口減少社会を見据え、...

・「介護支援プラン」のススメ

介護離職者は年間10万人以上、介護離職する層は40〜50代が多く、企業に...

・非正規社員の待遇改善進む 〜同一労働同一賃金〜

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは4月6日、 2018年の...

・専門実践教育訓練 〜教育訓練給付制度の指定講座〜

従業員のスキルアップと定着支援、雇用の安定を目的とした教育訓練受講に支払った ...

・非正規社員の待遇改善進む

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは、2018年の 春季労使...