新型コロナウィルス対策:労働者を休ませる場合①

2020-04-18

新型コロナウイルスに関連して労働者を休業させる場合、
どのようなことに気をつければいいのか

 

 

 

 

 

 

 

 

*不可抗力による休業の場合は、使用者の責に帰すべき事由
に当たらず、使用者に休業手当の支払義務はありません。

不可効力とは、

①その原因が事業の外部により発生した事故であること。

②事業主が通常の経営者として最大の注意を尽くしても
避けることができない事故である

2つの要件を満たすものであることです。

 

欠勤中の賃金の取扱いについては、労使で十分に話し合い
労使が協力し、安心して休暇を取得できる体制を整えることが大切です。

 

賃金の支払の必要性の有無などについて、労働基準法第26条では、
使用者の責に帰すべき理由による休業の場合には、使用者は、休業期間中の休業手当
(平均賃金の100分の60以上)を支払わなければならないとされています。

カテゴリー : NEWS, 法律関係
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・非正規社員の待遇改善進む

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは、2018年の 春季労使...

・平成30年度補助金、まもなくスタート④

4つ目は「事業承継補助金 」。   事業承継に伴う新規事業...

・新型コロナウィルス対策:労働者を休ませる場合②

労働者が新型コロナウイルスに感染したため休業させる場合、 休業手当はどのように...

・平成30年度補助金、まもなくスタート②

  そして2つ目の補助金予想が 「IT補助金」です...

・「働きやすさ重視」で若者の雇用を促進〜若者雇用促進法の指針見直し〜

就職環境の売り手市場となっている昨今ですが、今後控えている人口減少社会を見据え、...