新入社員と既存社員の「時間差」は要注意!

2019-04-12

新入社員が入って社内が活気づく4月。

元気だなあ、キラキラしているなあと目を細めながら応援する上司や先輩がいると、緊張している新入社員のやる気もぐんぐん上がります。

 

その逆に、ちっともウェルカムな雰囲気がない職場、気にかけてくれる先輩や上司がいない職場では、一瞬のうちに新入社員のやる気はなくなり、すぐに頭の中に「転職」の2文字が浮かびます。

 

「そのうち馴染むだろう」「しばらく様子を見ながら」と思っている会社側との
この「時間差」が最大の問題であり、早期離職の原因となります。

 

「落ち着いてからゆっくり話をして」なんて悠長に構えていてはいけないということに、
どれぐらいの既存社員が気付いているか。

 

若年者が感じる世代間ギャップは、中堅社員が感じる以上に大きいもの。

一見そうは見えなくても、想像以上に緊張している新入社員の気持ちを理解することから、
人材育成が始まります。

 

若年者の定着コンサルティングはこちら↓

MNキャリア http://www.mn-career.net

カテゴリー : 政府・行政
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・非正規社員の待遇改善進む 〜同一労働同一賃金〜

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは4月6日、 2018年の...

・働き方改革②株式会社M.T.C様 3年間離職者ゼロ!若手が定着する社風とは

「アイディアを出し合える風土は人間関係のよさがあるから」 若年者が定着し、...

・「働き方改革」で何が変わる!?

政府が推進している「働き方改革」が企業に与える影響とは何か、何をしなければならな...

・地域団体商標のことがすべてわかる「地域団体商標ガイドブック2018」ができました!

平成18年から「地域の旗印」となるブランドを確立するためにできた地域団体商標。 ...

・働き方改革①株式会社ハンナ様 若手リーダー育成プログラム

次世代育成に力を入れている株式会社ハンナ様で、「奈良県働き方改革推進事業」の一環...