軽減税率対策補助金の制度拡充!

2019-04-12

2019年10月消費税軽減税率制度が実施されますが、

複数税率に対応するレジの導入、受発注システムの改修がまだ手付かず、という事業者が結構いらっしゃいます。

 
例えば、軽減税率の対象商品販売を行っている中小の小売事業者等が対象で、

レジ1台あたり20万円、商品マスタの設定等が必要な場合にはプラス20万円で上限40万円、1業者あたり上限200円の補助金がもらえる可能性があります。

 

さらに、発注システムの改修支援として上限1000万円、受注システムの改修支援として上限150万円、請求書管理システムの改修支援として上限150万円の補助金がもらえる可能性があります。

 

自社が条件にあてはまるかどうか、申請の締め切りなど、

詳しくは中小企業庁 以下のページで今すぐチェックしましょう。

https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2018/181225keigen.htm

カテゴリー : NEWS, 助成金
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・「働きやすさ重視」で若者の雇用を促進〜若者雇用促進法の指針見直し〜

就職環境の売り手市場となっている昨今ですが、今後控えている人口減少社会を見据え、...

・建設業界で大好評!建設労働者確保育成助成金

若年者の採用が難しいと言われる建設業界。若年者に興味を持ってもらうためには、 ...

・「介護支援プラン」のススメ

介護離職者は年間10万人以上、介護離職する層は40〜50代が多く、企業に...

・平成30年度補助金、まもなくスタート④

4つ目は「事業承継補助金 」。   事業承継に伴う新規事業...

・10月28日(月)奈良県広陵町セミナー参加者募集!

10月28日(月)奈良県広陵町 「働きやすい職場作りのための一般事業主行動...