軽減税率対策補助金の制度拡充!

2019-04-12

2019年10月消費税軽減税率制度が実施されますが、

複数税率に対応するレジの導入、受発注システムの改修がまだ手付かず、という事業者が結構いらっしゃいます。

 
例えば、軽減税率の対象商品販売を行っている中小の小売事業者等が対象で、

レジ1台あたり20万円、商品マスタの設定等が必要な場合にはプラス20万円で上限40万円、1業者あたり上限200円の補助金がもらえる可能性があります。

 

さらに、発注システムの改修支援として上限1000万円、受注システムの改修支援として上限150万円、請求書管理システムの改修支援として上限150万円の補助金がもらえる可能性があります。

 

自社が条件にあてはまるかどうか、申請の締め切りなど、

詳しくは中小企業庁 以下のページで今すぐチェックしましょう。

https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/2018/181225keigen.htm

カテゴリー : NEWS, 助成金
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・「キャリア形成助成金」が「人材開発支援助成金」に変更しました!

これまでの「キャリア形成助成金」が新しく「人材開発支援助成金」に変更になりました...

・「介護支援プラン」のススメ

介護離職者は年間10万人以上、介護離職する層は40〜50代が多く、企業に...

・「新しいサービスの開発に取り組みたい」を実現するチャンス! 商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)

新連携支援事業は、中小企業者が産学官で連携し、また異業種分野の事業者との...

・改正育児・介護休業法の活用は進んでいますか?

平成29年10月1日から改正された育児・介護休業法。ここであらためて3つの改正内...

・専門実践教育訓練 〜教育訓練給付制度の指定講座〜

従業員のスキルアップと定着支援、雇用の安定を目的とした教育訓練受講に支払った ...