「働きやすさ重視」で若者の雇用を促進〜若者雇用促進法の指針見直し〜

2018-05-27

職環境の売り手市場となっている昨今ですが、今後控えている人口減少社会を見据え、若者雇用促進法(青少年の雇用の促進等に関する法律)に基づく指針が改定されました。

若者雇用促進法は、新卒者の募集を行う企業に対して、平均勤続年数や研修の有無および内容といった就労実態等の職場情報の開示を求めることや、労働法令違反のあった企業からのハローワークでの求人不受理などを規定した法律です。

この法律に基づく指針(青少年の雇用機会の確保及び職場への定着に関して事業主、特定地方公共団体、職業紹介事業者等その他の関係者が適切に対処するための指針)について、政府の進める働き方改革実行計画では「同指針を改定し、希望する地域等で働ける勤務制度の導入など多様な選考・採用機会を促進する」こととされました。

「若者の活躍しやすさ」という視点に立った見直しです。

 

 

カテゴリー : NEWS
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・評価制度作成に関する助成金活用法

今年度から「キャリア形成促進助成金」が「人材開発支援助成金」に変わり、それにとも...

・勤務地限定など、勤務制度の見直しも促進

いわゆる勤務地限定正社員の中でも、いろいろなバリエーションがあります。 全...

・新型コロナウィルス対策:労働者を休ませる場合①

新型コロナウイルスに関連して労働者を休業させる場合、 どのようなことに気をつけ...

・新型コロナウィルス対策:休業の場合の心がけ

事業の休止などを余儀なくされ、やむを得ず休業とする場合、 どのようなことに心が...

・平成30年度補助金、まもなくスタート①

今行われている通常国会で決定される補助金ですが、 事務局の募集が出...