非正規社員の待遇改善進む 〜同一労働同一賃金〜

2018-05-27

通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは4月6日、
2018年の春季労使交渉で経営側と合意した主な働き方改革を公表した。

人手確保が厳しいことから魅力的な職場をつくろうと労使が多くの項目で合意している。

長時間勤務を是正する勤務間インターバル制度や非正規の待遇を改善しようとする動きが目立つ。

■長時間労働の是正

・すかいらーく/一部業態の社員を対象に12時間の休息を確保する勤務間インターバル制度の導入

・ビックカメラ/10時間の休息を確保する勤務間インターバル制度の導入

・オークワ/誕生日の前後に休暇を取得できるアニバーサリー休暇の導入

■非正規社員の待遇改善

・ダスキン/清掃サービスなどのパート約500人を対象に、3日連続の結婚有給休暇

・アルペン/契約社員の家族手当を従来比1.000円増額

・イズミヤ/契約社員の年間休日を4日増やし正社員と同一に

■人手の確保

・ロフト/1人親世帯の正社員について給与を減額せずに転勤を一時免除

・マックスバリュー九州/正社員の定年を60歳から65歳に引上げ

                                  (日本経済新聞4月7日掲載記事より)

 

カテゴリー : NEWS, 政府・行政
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・留学生への新たな在留資格「介護」

介護福祉士資格を持つ留学生への在留資格「介護」が創設され、平成29年9月1日から...

・新型コロナウィルス対策:労働者を休ませる場合②

労働者が新型コロナウイルスに感染したため休業させる場合、 休業手当はどのように...

・非正規社員の待遇改善進む

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは、2018年の 春季労使...

・10月28日(月)奈良県広陵町セミナー参加者募集!

10月28日(月)奈良県広陵町 「働きやすい職場作りのための一般事業主行動...

・「働きやすさ重視」で若者の雇用を促進〜若者雇用促進法の指針見直し〜

就職環境の売り手市場となっている昨今ですが、今後控えている人口減少社会を見据え、...