地域団体商標のことがすべてわかる「地域団体商標ガイドブック2018」ができました!

2018-03-20

平成18年から「地域の旗印」となるブランドを確立するためにできた地域団体商標。

奈良県で登録されているのは「結崎ネブカ」「平群の小菊」「吉野杉」「吉野本葛」「吉野割箸」です。

ガイドブックには621件の商標紹介のほか、さまざまな活用事例や特許庁の支援策も載っています。

 

例えば愛媛県の今治タオル。

徹底した品質管理とブランド化の成功によって、「今治タオル=高品質」というイメージが定着。海外にも販路を広げ、売上もアップしています。

 

ガイドブックにはプロジェクトの立ち上げやロゴマーク発表、タオルソムリエ資格の導入など
具体的な取り組みが掲載されていますので、ぜひ参考にしてください。

 

特許庁 地域団体商標制度

http://www.jpo.go.jp/torikumi/t_torikumi/t_dantai_syouhyou.htm

カテゴリー : 政府・行政
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・留学生への新たな在留資格「介護」

介護福祉士資格を持つ留学生への在留資格「介護」が創設され、平成29年9月1日から...

・非正規社員の待遇改善進む 〜同一労働同一賃金〜

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは4月6日、 2018年の...

・「働き方改革」で何が変わる!?

政府が推進している「働き方改革」が企業に与える影響とは何か、何をしなければならな...

・働き方改革②株式会社M.T.C様 3年間離職者ゼロ!若手が定着する社風とは

「アイディアを出し合える風土は人間関係のよさがあるから」 若年者が定着し、...

・働き方改革①株式会社ハンナ様 若手リーダー育成プログラム

次世代育成に力を入れている株式会社ハンナ様で、「奈良県働き方改革推進事業」の一環...