アイデア溢れるチーム力が私たちの強みです

2018-03-09

 

季節に応じた玩具から生活雑貨まで、
子供の頃から馴染みのある身近な商品を
全国展開している  株式会社池田工業社。

その魅力について入社11年目、
総務部課長代理の大塚美穂さんに
お話をお聞きしました。

 

 

新しいことへのチャレンジを楽しんで

Q:大塚さんの配属は「総務部経理・財務課兼総務課」とありますが、課長代理として幅広くお仕事をしていらっしゃるんですね。

A:業務課、企画課の仕事を経て現在は主に入金管理や資金繰り、労務関係の担当をしています。総務、人事、経理業務の全体を見ているという感じですね。

Q:これまでのご経験も含めると、本当に多岐に渡ったお仕事を経験されていますが、変化も大きかったのではないでしょうか。

A:はい。仕入れや玩具安全基準のSTマーク取得など、その時々で初めての仕事を任されることも多かったのですが、そうした「新しいことへのチャレンジ」を私自身が楽しんでしまうタイプかもしれません。一から学ぶことに抵抗はありませんでしたね。

Q:とても向上心がおありなんですね。

A:ただ目の前の仕事にがむしゃらに取り組んでいるだけですが、社内には「学ぶ姿勢」を応援してくれる風土があると思います。これまでたくさんの社外セミナーや研修に参加し、労務やキャリアデザイン、マネジメントなどの知識を身につけることができました。私に限らず、「このセミナーに行きたい」と伝えると可能な限り行かせてもらえますし、会社からも実践的で興味深いセミナーを紹介してもらえるので、学ぶ機会や成長できるチャンスはとても多いですね。

ギフトショー春2018でも大好評

自由な発想で挑むために

Q:大塚さんから見た「会社の強み」は何ですか。

A:全員がアイデアを出し合う、という社風ですね。

「アイデアミーティング」という取り組みを5年前から行っています。社内イベントで年に3回アイデア発表会が開催され、毎回出されるテーマに合わせて新商品を企画しています。個人戦もありますが、チーム戦はさらに盛り上がりますね。30代社員がリーダーとなり、くじ引きで決まったメンバーと一緒になっていろいろなアイデアを出し合い、優勝目指して競います。

社員もパートさんも一致団結しますし、営業担当や物流担当など部署の垣根を越えたチームとして協力し合うので、普段あまり交流がない人ともコミュニケーションがとれますね。また、そこから実際に商品化されたものもあるので、みんな本気で取り組んでいます。こうした「いいアイデアはどんどん受け入れて形にしていこう」「あらゆる可能性を否定することなく、自由な発想で挑もう」という社風こそ、当社の強みだと思います。

アイデアミーティングは全員、夢中!

 

社員全員が働きやすい職場に

Q:御社は「奈良県女性活躍推進倶楽部」のメンバーになっていますね。

A:メンバーになる以前から、女性が働きやすい職場作りのさまざまな取り組みはありました。育休を取得した社員も時短勤務社員もいますし、私も含めて女性管理職は複数います。子育てと仕事の両立が自然にできる環境が整ってきたんじゃないでしょうか。女性に限らず、育児や介護との両立はこれからの全社的な課題だと思っています。

みんなのアイデアで、ついに商品化が実現

Q:目標とする働き方はありますか。

A:例えば「水曜日はできるだけ定時で帰ろう」という取り組みを続けていますが、単に制度として作るだけではなく、その意味をみんながちゃんと理解することが大切だと思っています。自分の働き方や残業時間が「周りの人や家族にどういう影響を与えるか」までを考えて話し合うことが、これからますます必要になってきますね。

メリハリをつけて育児や介護、そして自分自身の時間を大事にすることでまた新しいアイデアや企画も生まれるはずですから、そういった働き方ができるロールモデルとなれるように、私もがんばっていきたいですね。

 

株式会社池田工業社 ホームページ http://www.yamaine-ikeda.co.jp

 

 

カテゴリー : 活躍女性インタビュー
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・専門性を高め、より信頼される営業に

  「食を通じて奈良を支える企業を目指す」 株式会社原...

・花に囲まれた癒しの空間は、 新しい何かが生まれる場所

ビジネスを始めるときに大切なのが「思い」。何をやるのか、なぜやるのか。 仕...

・まごころを込めた、お客様へのニュースレター

[caption id="attachment_323" align="alig...