「働き方改革」で何が変わる!?

2017-05-21

政府が推進している「働き方改革」が企業に与える影響とは何か、何をしなければならないのか、非常に気になるところです。

少子高齢化が進み、人口減少が避けられない中、労働力人口も減っています。

つまり、企業にとってこれまで「ありがたかった働き方」=「仕事を一番優先し、フルタイム+残業で働ける人」ができる層は減るわけですから、そうした単一の働き方しかできない社内環境(制度)では、今後は必要な人材を確保することができません。

 

さらに、国外・国内での競争が激化し、より高い質の商品やサービスが求められますので、今まで以上に知恵を絞り、視野を広げ、日々変化する情報を敏感にキャッチしなければなりません。

そのためには、本業以外にも目を向け、新しい何かを創り出していく機会を持つことが、業績を上げる上で欠かせないことなのです。

 

「その時間を確保する働き方ができる組織なのか?」

「多様なニーズに応えられる多様な人材を持っているのか?」

「クリエイティブを生み出す風土があるのか?」

 

働き方改革の実行計画に盛り込まれた9項目を見ると、それらが非常にシビアに問われていることがわかります。

まずは自社の現状分析を行って、「何ができていて何が課題になっているか」を洗い出すことから今すぐ始めてみましょう。

<実行計画に盛り込まれた9項目

(1)非正規の処遇改善(同一労働同一賃金など)

(2)賃金引上げ(時給1000円への引き上げなど)

(3)長時間労働の是正(残業時間の上限設定)

(4)転職・再就職支援

(5)柔軟な働き方(副業推進、テレワークを拡大)

(6)女性・若者の活躍

(7)高齢者の就業促進(65歳以上の雇用促進、定年延長など)

(8)子育て・介護と仕事の両立(保育士、介護士の賃金待遇改善)

(9)外国人材受け入れ

 

カテゴリー : 政府・行政
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・非正規社員の待遇改善進む 〜同一労働同一賃金〜

流通や外食、繊維などの労働組合が加盟するUAゼンセンは4月6日、 2018年の...

・働き方改革②株式会社M.T.C様 3年間離職者ゼロ!若手が定着する社風とは

「アイディアを出し合える風土は人間関係のよさがあるから」 若年者が定着し、...

・地域団体商標のことがすべてわかる「地域団体商標ガイドブック2018」ができました!

平成18年から「地域の旗印」となるブランドを確立するためにできた地域団体商標。 ...

・一般事業主行動計画策定のすすめ

女性の就労を促進する上で非常にわかりやすい目安となるのがこの行動計画。 「...

・働き方改革①株式会社ハンナ様 若手リーダー育成プログラム

次世代育成に力を入れている株式会社ハンナ様で、「奈良県働き方改革推進事業」の一環...