学生だけじゃない?! ママもインターンシップをする時代

対談「ますます多様になる女性の働き方」

右:株式会社ウィメンズフューチャーセンター代表 栗本恭子 

キッズスペース付コワーキングスペースの運営・管理、起業支援講座企画・運営などを行う。

左:MNキャリア代表 キャリアコンサルタント 高橋紀子  

中堅・中小企業や自治体で、若年者の採用&育成コンサルティング、女性活躍支援を行う。

女性に立ちはだかる!責任感

高橋:栗本さんがウィメンズフューチャーセンター(以下WFC)を立ち上げ、働きたいという多くの女性と関わってきて、どんなことを感じていますか。

栗本:奈良県の女性は、家庭を優先される方が非常に多いです。責任感の強い方ほど子どもの病気などで仕事に穴をあけたらどうしようと、不安を感じています。それが働き始めるということに、心理的な壁を作っていますね。だからフルタイムで働くよりも、もっと柔軟な働き方をしたいという方が多いです。

高橋:仕事にブランクのある方がまた働き始めようと思っても、入社後の働き方をなかなか具体的にイメージできないようですね。すると「やっぱりやめよう…」と、その入り口のところであきらめてしまう方も多いです。能力のある女性がたくさんいるのに、本当にもったいないなあと、私もしみじみ感じています。

だからこそ仕事を始めようとする「最初の入り口」のところが重要ポイントだと思っています。

迷わず踏み出したい最初の一歩!「ママインターン」で

栗本:そうですね。最初の一歩を踏み出しやすくするために始めたのが、「ママインターン」です。正式な雇用ではなくインターンなので、少し楽な気持ちで働いてスキルを磨くことができます。家族との関係の変化も疑似体験し、働き始めた後の生活を考える機会にもなります。また雇用する側も、実際にインターンで働いてもらうと、その人の人となりが分かるというメリットがあります。

高橋:いいアイディアですね!とてもきめ細やかな配慮がある就業の形です。家事と仕事との両立を体験できることに加え、柔軟に軌道修正をしながら、働くことに対するとまどいや不安も払拭することができますね。家族も「働くママ」に慣れることができて、自信もスキルも身につけることができますね。雇用者側も能力を見極められるといういちばん理想の形です。

業績アップに!女性の視点、アイディア、能力をフル活用!

高橋:女性を起用している企業を見ると、女性が実際に活躍することで企業が元気になり、売り上げが伸びています。新しいサービスが生まれるというようなことも起こっています。女性の活躍が、企業の生き残りのカギになっているようですね。

栗本:奈良には営業マンが全員男性という会社も多くあります。すると最終消費者である女性の気持ちを理解できていなかったり、女性の望むきめ細やかな対応ができていなかったりすることがあります。そうなると売り上げのチャンスをのがしてしまいます。でもそこにママインターンが入ることによって、女性の視点が入り、業績アップにつながるということがあるようです。

高橋:実際にママインターンが活躍しているということですね。企業側もいきなり雇用するよりも、外部ブレーンのようで受け入れやすいかもしれないです。まるでこの「ママインターン制度」は、女性のアイディアを提供していくサービスの形みたいですね。今後、WFCさんとしてさらに力を入れていきたいことはありますか?

栗本:このママインターンの仕組みを行政と連携し、広めていけたらと思っています。

高橋:奈良県でこれが当たり前の仕組みになっていくといいですね。「ならキャリア.net」も引き続き注目しています!

カテゴリー : CAREER TALK
タグ : 
作成者 : ならキャリア.net

・10年後の奈良を創る人を育てる

対談「若年層が集まる奈良になるための可能性」 株式会社 奈良日日新聞社 代表取...

・先進技術で新しいビジネスを作り出す 起業家育成プログラム「GEIOT」

[caption id="attachment_334" align="alig...